読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイ&社会生活のサバイバル

ゲイである事も大変ですが、社会生活自体もかなり大変ですよ(笑)

ブログを書こうと思ったきっかけ

『学んでいきたい!其処にチャレンジしたい』

~誰もが幸せになれる事をなれる方法を探していきたい~

 

 そもそも、読んで頂ける人がいるのか(笑)という点はありますが、

やはり、このブログ自体の目的というか、足を運んでくださった方や

何よりも自分自身への宣言!として書いておきたいなと思います!

 

”自分にちゃんと自信持って、生きていきたい”

其の上で、一番重要だなと感じる点!

やはり、”セクシャアルマイノリティ”である事は避けて通れません

自信の無さの根源は何か?

①セクシャアリティについていつも嘘をついている→いわゆるノンケのふり

②戦う事が全般苦手→人は気にならないレベルの暴力性が受け付けません

いつもどうせ駄目だと思って、途中で投げ出します。

自分の人生なので、立ち向かって何とかしていきたい。

その為には原因は何かを突き止めたい

解決法をトライ&エラーでチャレンジしていきたい

ブログでそれを公開していけば、励みになる!

始めよう!

 

長い上に若干ウザイですね(笑)

ただ、こんな感じです。

書いていて思うんですけど、書いていると自分を俯瞰的に見る事が出来るので、

整理されてきますし、そうだったんだと気づかされます!

おそらく、誰も見ないと思うんですけど、誰かに向かって書いているという感覚が、客観性を目覚めさせますね。

 

私の場合は、セクシャルマイノリティである事は大人になっていく過程で、悩みだした事ですね。自分の性自認や性指向は5歳くらいからわかっていました。ただ、その時は人生しっかりしていれば何とかなるなと思っていました。幼稚園の癖に生意気ですね(笑)ただ、小学生までは結構何とかなるものでした。周囲の性の目覚めというか、性の対象となるような性自覚が顕著になりだしたのが、中学性ぐらいからだったので、其れまでは多少変わっていても、周りも寛容なんですよね。いわゆる無邪気な時期という事なんだと思います。何も出来ない存在である引換に得られるピュアな存在性何だと思います。

 

長くなってきましたので、別記事で書きます!

スタンスとして、いわゆる些細な『うじうじ』を大切にしていきたいなと思います。

特に、中々共有しずらいので、問題が顕在化せずに潜伏して自分の問題として根深く存在するなと思います。そこを無理にどうにかしようというようりは、まずは明らかにして、乗り越えれる・そうじゃなくてもいいんだよと言いたいんです。

 

自分の問題への対処は『世界平和への貢献』だと思っています。

自分の問題を対処出来ていないから、自分より弱い存在を見つけて酷い事をしたり。

自分の問題を人のせいにしたり。

貧困や不平等がおこったり、結果的にそれの解決策として暴力に発展したり。

それが進めば、戦争に発展したり。

賢く寛容でいられれば、絶対に平和になれる思うんです。

マハトマガンジーが仰られた不服従とは、本当の意味での心の独立だと思うんです。

 

少し堅い感じもしますが、そんなつもりはないですよ(笑)

また、私の問題は焦点にセクシャリティがありますが、サブタイトルの通り、

其れだけが問題じゃないです。

なので、色々な方のご意見をぜひ伺ってみたいです。