読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイ&社会生活のサバイバル

ゲイである事も大変ですが、社会生活自体もかなり大変ですよ(笑)

今の勤め先との和解!?

どうもです!(^^)!

 

ちょっと、ナーバスな内容です(;^ω^))

(なので、今日は本当に回れ右です(笑))

f:id:haroharo0812:20160609204749j:plain

 

 

 

 

今の職場で、諸々とパワハラを振りかけた

張本人とお話しをしてきました(;''∀'')

(さらに来週は、社長という諸悪の根源と

 会食があるとかで、本当に勘弁して欲しい(´;ω;`))

先日の報告は、信頼している上司から、

間接的に行って頂いた形です。

 

まあ、逃げるわけにもいかないんですけどね(;^ω^))

 

で、想定していた通りの内容ですが、

実際に味わうと、想像していた以上に破壊力がありました。

漸く掴みかけていた自身の僅かばかりの自尊心を

木っ端微塵に打ち砕いてくれました。

f:id:haroharo0812:20160218220753j:plain

 

正直な所、

もう、そっとしておいて欲しかった。

何も奪っていって欲しくなかった。

 

怯えと怒りの怨嗟の炎が渦巻く淀んだ醜い場所に連れ戻されて、

今、何とか自分を取り戻そうとしています。

f:id:haroharo0812:20160125201616j:plain

張り付いたような笑顔で、

❝此れまで本当に有難うございました❞

❝大変お世話になりました❞

それが精一杯でした。

正直な所、泥試合をさけたかったので、

後は、向こうの欲しがっている答えを与えて

出来る限りの短時間で切り上げるのが

精一杯でした。

(勘違いして、涙ぐんで満足していたのを見て、

 より、不快な気持ちになりました。

 そんな資格お前にないよ!本当はそう言いたかった。)

弱い自分が情けなく、

改めて認識させられた浄化されていない心の奥底を見せられ、

まるで、

❝お前は本当は弱い!俺たちの奴隷たるオモチャだ❞って

烙印を押されたようで、居た堪れなかったです。

 

仕事では既に彼らを凌駕する力を得たのに。

(彼らは知りませんが)

心は弱いままですね。

 

ただ、

此処で揉め事は起こしたくない!

その一心で、自分を守りました。

それしか出来ませんでした。

もう既に動きだした次の人生を台無しにしたくない。

 

私は前へ進む為に今の自分に、この言葉を与える事にしました。

 

韓信の股くぐり』

 

偉大な中国古来の武将を自分に当てはめるのは、

不相応な事で、恐れ多くもありますが、

ちょうど、思い出して、勇気づけられたので良いかなと(;''∀'')。

(中国文化への見識がそうあるわけではない自分も

 この方への敬意は持っています)

 

何にしても、

世界は今も前へ進んでいる!

だから、自分の勤めにのみ専心しよう!

 

悲惨な事態が起こって、

打ちのめされても、

❝立ち上がる事が出来る自分❞を知っている!

弱さは恥じゃない!!

 

もう一度、誇りを持とう!

優しを持てる自分に、

一生懸命頑張れる自分に、

知性を分かち合える自分に、

人の可能性を信じられる自分に!

 

f:id:haroharo0812:20160215233801j:plain

 

そんなこんなな状況でした。

ではでは!(^^)!